1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業仕分けが支持される理由は…? 

カテゴリ:政治

昨日までに政府の事業仕分けが終了し、1.6兆円を浮かせることができたという。
中には科学技術関連、特にスーパーコンピュータについてはカットに反対の声も強く、賛否が渦巻いた。
けれどもこれとて実際に請け負うのは、他のメーカーが撤退したため、富士通一社のみということだし、そうなると開発予算は富士通の言いなりになってしまうわけだ。別に富士通がぼったくるというわけではないが、そういうかたちで行う技術開発への投資が本当に有効なのか、そのあたりのことが実はあいまいだという点が明るみになったと理解すべきだろう。

実際、安くスーパーコンピュータをつくる方法もあるという。

もちろん、ありもののチップを組み合わせて高速なコンピュータをつくるのと、高速なコンピュータを実現するための技術開発をするのとではそもそも事の性質が違う。だが、重要なのはその性質の違いを誰もが理解した上で事業を行っていたかどうかだと思う。

こういう予算というのは、一度やると次からは義務という感じになってしまうもの。特にスーバーコンピュータについてはスカラー型とベクトル型というのがあり、日本の方式は(どっちだったか忘れたが)少数派で、それが他のメーカーが撤退した理由ではなかったかと思う。
本当に今のやり方を続けていて良いのか突っ込んだ議論が必要で、そのための良い機会ととらえるべきだろう。

さて、そこで本題だが、これだけ様々な予算を削る事業仕分けがなぜそんなに支持されるのだろう?中には我々の身近なところに関係する予算も切られているはずで、実際には困る人は少なくないはず。いろんなものに予算を付けますよ、ということで支持されるならともなく、削減することに支持が集まるのが不思議でもある。

恐らくこれは、膨大な借金を抱える国の財政への国民の不安が根底にあるからだろう。
麻生政権は給付金をばらまくなどしたが、肝心なムダの排除はできなかった。仕分けの現場を視察した自民党の議員も「うらやましい」といっていた。ようやく国民の不安を根底から解決するための仕事がはじまったと理解されていることが支持の理由だろう。
小泉政権も自民党をぶっ壊すといって支持を集めたが、郵政民営化をしただけで、広い範囲に渡ったこういう仕事をしたわけではなかった。でも国民はこういう「国の事業リストラ」を期待していたわけで、ようやくそれが目に見えた形で行われたことが人気の理由なのだろう。

今行われているのは小泉政権による疑似改革ではなく、政権交代を果たした後に行われている真の改革といって良いのだが、国民がどこまでそれについて来られるか、負の遺産を背負った新政権がどこまで新しい予算にメリハリをつけられるか、そのあたりが今後問われていくことになるだろう。
Re: 腐敗がもの凄い
文科省に限らず、天下りのためにあるような外郭団体の存在があぶり出されたのは良かったと思います。中央の官僚は国民の意識を肌で感じる良い機会になったことでしょう。
ただ、これはほんの始まりに過ぎないと思います。これからいよいよいろんなことが大きく動いていくのだろうと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

腐敗がもの凄い

事業仕分けは、画期的な事件でしたね。
如何に日本の官僚が腐敗しているかを明らかにしました。このような行政では、日本だけが落ち込むのも当然です。
更に、腐敗した行政のすべてを仕分けすべきと思います。
子供に大切な文科省と学校が、どれほど腐っているかを知っていますか。
文部科学省の仕事は、質の高い教育を提供し、子供達が良い社会生活を送れるようにすることです。ところが、官僚達は、デタラメ政策で子供達の人生を台無しにしました。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人を作る学校は、教育機関と名乗る資格もありません。学習塾や家庭教師に助けられる学校教員は、現在の半分の給与さえ受け取る権利が無いと思います。
文科省こそ、日本社会を衰弱させ、子供を不幸にする悪性癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてのイカサマが分かります。絶対に許せません。
不道徳で無責任な腐敗官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
事業仕分けで、文科省を廃止する必要があるとさえ思います。

Re: 事業仕分けが支持される理由は…?

昼間から仕事休んで事業仕分けを見に行っている暇人が「過程が公開されていいね」とのんきなことを言っている傍らで、そんな時間も必死に働いている研究者がプロジェクトの削減によって首を切られる。正直者がばかを見るとはこういうことを言う。悲しい国ではないか?

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yononakanoshikumi.blog40.fc2.com/tb.php/13-c61f078f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。