1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンイレブン本社 VS FCオーナー 

カテゴリ:社会

値引き販売を巡る対立は裁判でやっても良いことになったが、今度は訴えに参加したFC店オーナーを契約解除するなど、本社側が報復ともいえる態度に出ている。
これもまた裁判になるのだろうけれど、はたしてこういうやり方をどう見るべきか。

これは事実上、本社を経営側、FC店オーナーを労働側に見た場合の労使対立ともいえる。経営側のやり方に抗議して組合をつくり、訴えを起こした事で経営側が第一ラウンドでは勝利したものの、その報復として言うことを聞かない労働者をクビにしようとしているようなものだ。

そもそも、食べられる食品を廃棄すること、その分のロイヤルティまで本社に収めなくてはならないというやり方が発端なのだが、そのやり方を会社の方針とする経営側に対し、労働側は良心の問題としてこれに異を唱えた、そこからこの問題は始まっている。

会社からすれば経営方針に従わない労働者であり、こういう時のために入れておいた契約書の中の「会社経営に不適当なことをする人は辞めさせます」的な条項を根拠にして辞めさせるのは当然とも考えるだろう。こういう行為を野放しにしていたら、秩序も何もなくなり、経営が成り立たない、そういう思いもあるだろう。

ただ、食品を廃棄し、廃棄コストをすべて店の負担にするという、環境や格差が問題になっている今の時代に逆行するようなやり方がそもそもの原因であることを考えれば、そんな対立で終わらせるべき問題ではない。

たとえば、水俣病がまだ大きな問題になっていない頃のことを考えてみる。
自分の働いている工場の出す排水が住民の健康を害していると気付いた労働者が経営側に抗議したとする。経営側は社内の秩序を乱す人物だとして首にする。そしてその両者が裁判で争うことになったとする。
けれども肝心なのは垂れ流しされている工場排水なのだ。そんな操業を続けていた事で会社は将来にわたって大きな責任を負うことになった。
このように、この件も目先の対立に目を奪われるのではなく、根底にある問題に目を向ける必要がある。

例えば、自給率向上やリサイクルの観点から、食品を廃棄すればするほど本社の経営上マイナスになるような制度をつくり、オーナーが値引き販売をしても会社は損をしないようなしくみをつくるなどの方向に持って行かなくてはならないと思う。

京都市におけるコンビニ深夜営業規制問題にしてもそうだが、コンビニには様々な問題が潜んでいるように見える。そもそも人間の本来の生活パターンを無視した形態で営業する業種なだけに、そういった問題に直面するのは仕方ない。
この件を単なる労使紛争に終わらせず、より大きな問題を解決するきっかけにしていくべきだと思う。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

違法?

セブンイレブンで現在バイトをしてるんですが、もう一年近く経つんですが、時給は780円から上がらず、レジを締めた時に、金額が合わずマイナスの時は、その日に入ってるアルバイトの給料から足りない分を引かれ、これってオーナーがかぶる物だと思うんですが。どうなんですか

Re: 違法?

リンク先に同様の質問とそれに対するいくつかの回答がありました。
レジのミスについて給料から天引きするのは問題がありそうです。
時給が上がらない点については、他の人と比べてどうかというのが一つの目安になると思います。
詳しい事は最寄りの労働基準監督署に尋ねると良いでしょう。
まずは電話で相談されてはいかがでしょう。監督署は決して労働者の正義の味方といった機関ではありませんが、敷居が高いわけでもないと思います。働く人が持っておくべき法的知識を得るのに良い場所です。
やられ損にならないためには、まず法的知識を身に付けておくことです。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yononakanoshikumi.blog40.fc2.com/tb.php/11-8381f3db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。