FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういえば・・・ 

カテゴリ:政治

そういえば最近東国原知事の話題をあまり見ない気がする。

真面目に仕事をしているからだろうか。
あるいはメディアが相手にしてくれないからだろうか。

特にどうでも良いことだけれど、本人はちょっとでも目立ちたいだろうに。
スポンサーサイト

事業仕分けが支持される理由は…? 

カテゴリ:政治

昨日までに政府の事業仕分けが終了し、1.6兆円を浮かせることができたという。
中には科学技術関連、特にスーパーコンピュータについてはカットに反対の声も強く、賛否が渦巻いた。
けれどもこれとて実際に請け負うのは、他のメーカーが撤退したため、富士通一社のみということだし、そうなると開発予算は富士通の言いなりになってしまうわけだ。別に富士通がぼったくるというわけではないが、そういうかたちで行う技術開発への投資が本当に有効なのか、そのあたりのことが実はあいまいだという点が明るみになったと理解すべきだろう。

実際、安くスーパーコンピュータをつくる方法もあるという。

もちろん、ありもののチップを組み合わせて高速なコンピュータをつくるのと、高速なコンピュータを実現するための技術開発をするのとではそもそも事の性質が違う。だが、重要なのはその性質の違いを誰もが理解した上で事業を行っていたかどうかだと思う。

こういう予算というのは、一度やると次からは義務という感じになってしまうもの。特にスーバーコンピュータについてはスカラー型とベクトル型というのがあり、日本の方式は(どっちだったか忘れたが)少数派で、それが他のメーカーが撤退した理由ではなかったかと思う。
本当に今のやり方を続けていて良いのか突っ込んだ議論が必要で、そのための良い機会ととらえるべきだろう。

さて、そこで本題だが、これだけ様々な予算を削る事業仕分けがなぜそんなに支持されるのだろう?中には我々の身近なところに関係する予算も切られているはずで、実際には困る人は少なくないはず。いろんなものに予算を付けますよ、ということで支持されるならともなく、削減することに支持が集まるのが不思議でもある。

恐らくこれは、膨大な借金を抱える国の財政への国民の不安が根底にあるからだろう。
麻生政権は給付金をばらまくなどしたが、肝心なムダの排除はできなかった。仕分けの現場を視察した自民党の議員も「うらやましい」といっていた。ようやく国民の不安を根底から解決するための仕事がはじまったと理解されていることが支持の理由だろう。
小泉政権も自民党をぶっ壊すといって支持を集めたが、郵政民営化をしただけで、広い範囲に渡ったこういう仕事をしたわけではなかった。でも国民はこういう「国の事業リストラ」を期待していたわけで、ようやくそれが目に見えた形で行われたことが人気の理由なのだろう。

今行われているのは小泉政権による疑似改革ではなく、政権交代を果たした後に行われている真の改革といって良いのだが、国民がどこまでそれについて来られるか、負の遺産を背負った新政権がどこまで新しい予算にメリハリをつけられるか、そのあたりが今後問われていくことになるだろう。

官僚と政治家、ガチンコ勝負の時が来た 

カテゴリ:政治

民主批判から一転、農水次官「献身的に大臣支えたい」

一見すると、なんだそれ、みたいな話のようだが、これは役人の本質的な部分を表している出来事といえるだろう。

世間がどう思っているにせよ、役所の人間というのは組織の人間であり、トップにまで登りつめた人物ともなれば、それこそ組織の論理が骨の髄まで染み込んでいると考えて良い。
その組織の中で長年過ごし、さらに出世してきた人間ならなおさら、権力の中での身の処し方を良く知っているはずだ。平たく言えば、強いものには逆らわない、といったような関係上の「マナー」だ。

こいつは気に食わないなと思っても、そこまで上のクラスになると本気で逆らう人間はまずいないだろう。本気で逆らう気があれば、とっくに組織を出ているはずだからだ。
もちろん、行政のプロとしての自負はあるわけだし、それについて大臣と意見が対立する事はあるだろうが、これまでの万年与党体制の中で政治家とずぶずぶに持たれ合い、天下りやら様々な利権の楽園に安住し、それを守ることを第一にしてきた、そうせざるを得なかったこれまでと比べると、ようやく役人が本来の仕事に専念できる環境になったとも言えるわけで、緊張感の中でプロとして試される、やりがいのある舞台が整ったとも言えるのだ。

これはこれまで不満を感じてきた官僚たちにとっては歓迎すべき状況だろう。一方、従来のぬるま湯的な中でどっぷり浸かってきた40代以降の世代にとっては、厳しい時代になったともいえる。
今後はこの水と油のように分離した二つの層をどのようにして活性化させ、まとめあげていくか、それが新政権の課題となる。

東国原知事の国政意欲 

カテゴリ:政治

「ど真ん中から変えていく」東国原知事単独インタビュー

東国原知事は自民党の総裁になりたいらしい。

民主党の支持率が高く、自民党が弱体化している今、自分が自民党に入り、中から変えていきたいということのようだ。そして、国を変えようという目標に対し、知事の権限は小さ過ぎたといっている。

だがこの話、素直には受け取れない。

彼が自民党に入ることで党が変わるのだろうか?
自民党は日本の保守政党であり、あらゆる既存の勢力、既得権益層と結びついているわけで、変えようとなるとそれとの関係を見直す必要が出てくる。郵政民営化の時にはそれで分裂もしたわけだ。(その後復帰したが)それと同じことを、今度は自分が小泉純一郎になって繰り返したいのだろうか?

ぶっちゃけ彼は落ち目で藁をもつかみたい老舗ブランドを、このタイミングで買収したいといっているだけのように見える。下野したとしても自民党内で有力な地位につくことができればそれは確かにオイシイ話だ。

けれども、世襲議員の問題同様、知名度のあるタレント議員がポンとそんな地位につくことを他の議員が許さないだろう。これはすでに反発が出ている。そしてたとえついたとしても、老獪な古参政治家にうまく操られるだけではないだろうか。
それでも東国原氏は構わないと思っているかもしれない。世論の注目と支持がある限り、何でもできると思っているのかもしれない。

それと、知事の権限は微々たるものだった、という話だが、これについては石原慎太郎を見て欲しい。彼は国の閣僚まで勤めたが、結局国には愛想をつかして都知事になった。要は国の大臣より知事の方が権限が大きく、やりたいことができるということなのだ。
東京と宮崎では国と地方といっても随分状況が異なるけれど、果たして東国原氏が国政の場で身のある仕事ができるのだろうか。地方のためといっても、彼の場合は分権というより旧来の自民党がやってきた利益分配型を指向しているのではないか。
結局彼は、誰が来ても国民を守っているのは我々だという自負を持つ官僚達の言いなりになってしまうだけのような気がする。

そもそもマスコミも世論も、東国原知事を持ち上げ過ぎだ。彼はもともと芸人だから、ネタを振られればリアクションする。それがエスカレートしているだけのように見える。テレビに出なければ、彼は47分の1に過ぎない。

自民党は次の選挙を控え、余りにも浮き足立っている。
そんな状況を見れば見るほど、官僚達は自分達がしっかりしなければ国民が不幸になる、と考えるだろうし、それが政治主導をますます困難にしていくだろう。

河村たかし市長誕生 

カテゴリ:政治

■河村たかし市長、市バスで初登庁…市長のイス「意外と普通」
(読売新聞 - 04月28日 12:09)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=822095&media_id=20

「公務員の給与はなぜ民間より4割高いのか」
という本を読んだのだが、これは名古屋のコンサルタントの人が書いた本なのだが、それによると名古屋市の職員の給与はトヨタより高いそうだ。

名古屋市に限らず、公務員の給与は人事院、あるいは自治体の人事委員会が民間の給与を調査して、それを元に同程度の水準にするという建前で決めるのだが、そのサンプルの取り方が恣意的で、それが公務員の給与が高くなる原因になっているという。だからトヨタより高い給与水準であったとしても、それは確かに有り得る話なのだ。

問題は、公務員の給与水準が行っている仕事と比べて適正なのかどうかということだ。
それは高いものを低くすれば良いなどというような話ではなく、労働に見合った対価という点で妥当なのかどうか、そういう問題なのである。
労働に比して低すぎればやる気を失い、仕事の質も下がる。行き過ぎると生活にも困るワーキングプアになってしまう。逆に、高すぎると世間の常識から乖離し、全体の奉仕者としての精神と組織が蝕まれることになる。

河村たかし新市長は税金を安くすると言っているが、橋下大阪府知事が人件費の高さに驚いたように、首長として最も削りたいと思うのは人件費だろう。
でもそれは簡単にはできない。けれども、もし削減ができたとして、それが職員にとってマイナスばかりかというと、必ずしもそうではないと思う。公務員とて賃金だけではない他の対価を得る事で、より満足できる道があるのではないかと思う。そこで折り合って給与水準を下げる事ができれば画期的だ。また、その道を探らなければ、国も自治体も財政難を乗り越える事はできないのではないかと思う。

いろいろな軋轢はあるだろうが、その道を探り、なんとか辿り着いて欲しいと思う。そういった点で期待している。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。